会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home 活動内容 原(ケアンズ) 原 智宏(ケアンズ) 12月
文字サイズ 小 中 大

原 智宏(ケアンズ) 12月

12月11月10月9月8月7月


【12月】

6ヶ月を振り返る

 ケアンズでのツーリズムレンジャーの業務はこの6ヶ月目で終わりです。短いながらにも目標としていた活動や報告、ならびに許可証関連業務上のサポートや業界の方々とのやりとりなど、様々なことをすることができました。今回はこの6ヶ月を振り返りながら、私が見るところからの今後の課題や展望などについて簡単に述べていきます。

 

オーストラリアの国立公園とは

 オーストラリアの国立公園の管理はとてもユニークに思えました。私は以前アメリカの国立公園の仕組みや運営について勉強してきたことからも、ある「国立公園像」の様なものを持っていました。例えば、レンジャーがいて、公園内を見回りながらも、案内するプログラムや動植物などの公園資源を守る。しかし、クイーンズランド州で観てきたものは、「禁止ではなくて警告」であったり、「ガイドは民間に託し、ツーリズムの入る余地を作る(観光業の発展のため)」である一方で「厳しい管理と許可証制度」であったり。かつてアメリカから輸入された「国立公園」の仕組みも、オーストラリアらしい色があるのだと気がつきました。またそれが州によって違うところも面白いところです。その中でもクイーンズランド州の管理局QPWSはツーリズム業界との連携の試みを始めています。  ただ、わずか100数十年の昔に開拓され、なくなってしまった大自然やアボリジニの文化のことを考えると、「やってしまった」のだな、とつくづく思います。そのわずかに残った世界遺産に認定された場所やアボリジニ自治区を大切に守って行かなければいけないのは、管理局であり、ツーリズムであり、オーストラリアの人々なのだと感じました。また、「観光客もその一部になり得ることも確認できました。  

 

ケアンズの日系観光とは  

 日本人の方々が年中数多く訪れる渡航先として有名なケアンズの観光形態は、観光が地域を支えている、ということを思い知らされます。かつてサトウキビ栽培や内陸の鉱山の為にわずかに開発されていたケアンズも、日系旅行業の影響による開発で、オーストラリア内でも2番目に観光客が訪れる街になりました。今では様々な影響で日本人観光客の数が減る一方、欧米や他のアジア圏の観光客の増加に伴い、ツーリズム都市の威力を発揮しています。  日系観光業界には近年の観光客の減少傾向で緊張感が漂っています。それは今まで伸び続けた観光業がやっと面した改善の時期と見ている人も多く、その中でガイドの質の向上や国立公園や世界遺産についてもっと勉強することなど、将来の回復の見込みも見えてます。もちろんその中には、リピーターを増やす努力をしている人たちもいます。  

 

国立公園管理と観光促進の恊働の試み  

 今回の日本人レンジャー派遣プログラムも「政府が民間への歩み寄り」の一環として効果があります。クイーンズランド州政府はその財政の多くが観光業に依存していること、ならびに州内の大自然に依存していることから、観光を如何に利用のみならず、保全活動にも活かして行けるかという試みから、エコツーリズム戦略に則りかなりアクティブに動いています。国立公園が観光促進の手助けをしながらも、観光業界が大自然の利用方法をきちんと守るという、相互の助け合いにより、ポジティブな発展が期待されます。  

 

期待すること  

 この6ヶ月の任期終了につき、この後どうなるのかという疑問を観光業界の方々からも頂きました。この6ヶ月の成果(ネットワーキング、許可証関係の各種サポート、ガイドや顧客管理に関するアドバイスなど)はかなり評価していただきました。また、QPWSにとっても日本人レンジャーの役割について確認することができたということで、今後の継続の可能性についても予定しているようです。  

大事なことは、システムの中に組み込み、継続することでしょう。今回の活動の中では、初めての試みとして構築してきたノウハウやネットワーキングがあります。それがどう活かされるかが本当の成果になって来ると思います。  

最後に、今回のプロジェクトでお世話になりましたケアンズの観光業界の方々、ガイドの方々、JES事務局の方々、QPWSの方々に感謝します。また、このプログラムに興味を持っていただいた方々やオーストラリアの魅力を知りたい方々に、学んだことや気づいたことを伝えて行く機会を作って行って、今後もお役に立てたらと思っています。

 

原智宏

 

※画像はクリックすると拡大します。(別ウィンドウ)

えびのハリボテ: 巨大なハリボテがオーストラリア中にありますね。
バナナ、パイナップル、ピーナツ・・・NSWのMyall Lakes National Park
近くの町で見つけたのは、えび(pawn)の巨大なハリボテでした。
h1204.jpg ウォンバット注意: 各所動物の出没注意サインに特徴がありました。ここでは、白抜きのウォンバットですが、南オーストラリアでは黒塗りでした。
h1205.jpg 南極に面した海: メルボルンから南に1時間半ほどにあるフィリップ島は、ペンギンパレードで有名な場所です。フィリップ島は南極に面した海で、海の水は冷たかったです。
h1206.jpg ペンギン注意: ペンギンパレードの見られるフィリップ島ネイチャーパーク内の駐車場にありました。「車の下に隠れているペンギンに気をつけて」とあります。 
h1207.jpg 広野の羊たち: オーストラリアの南部は羊が多く、広々と広がる草原と羊たちの群れ、それに青い空という、広大さを感じる風景が続きます。
h1210.jpg QPWSの仲間たち: ケアンズのオフィスで一緒に働いていた仲間たちです。クイーンズランドの国立公園や文化などのことをとても親切に教えていただきました。

2007年12月 

原 智宏(はら ともひろ)

※日本人レンジャーのレポートは今月で終わりです。ご愛読ありがとうございました!!  ひきつづき、みなさまからのご感想をお待ちしています!  旅行業者・メディアの方でレンジャーに連絡を取りたい方も下記メールアドレスへご連絡ください。 

e-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 
ページトップへ