カレンダー

<< 2019年6月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(海外)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

南仏イエールはフラミンゴのシーズン(フランス)

テーマ: 地域情報(海外)
2014年11月23日|

南フランスのイエール観光局から季節のお便りです。

?

南仏イエールはフラミンゴのシーズン。この時期は湿地帯でたくさんのフラミンゴの姿が見られます。

France 20141123

?

イエールの海側は国立海洋公園イエール諸島を含め「ぺラゴス保護海域」になっていて、イルカや鯨がたくさん生息するということで有名です。ここではイルカウォッチングツアーも楽しめます。

ラムサール条約で世界の重要湿地帯に指定されている塩田湿地帯は900ヘクタールあり、フラミンゴや鵜を含め250種類もの野鳥がいつでもご覧いただけます。塩田内はガイドつきでのツアーもあります。

観光局には日本語対応ができるスタッフもいます。ぜひ旅先のリストに入れてみてください。


【南仏イエール観光局サイト】※日本語対応可能

http://www.bonjourhyeres.com/

 

香港で過ごすクリスマスと年末年始

テーマ: 地域情報(海外)
2014年11月21日|

hongkong 20141112 01

毎年11月末から12月初めには、クリスマスイルミネーションが点灯されます。(今年は12月5日から香港ウインター・フェスタという名称で大々的に点灯されます。私は先週香港にいましたが、既に点灯している箇所も見受けられました。)

「香港ウインター・フェスタ」では、毎年各所で行われているクリスマスイベントが楽しめたり、バーゲンセールでお買い得になったりと観光客の方にもメリットが多いです。昨年は、巨大なタンポポのオブジェが設置されて、時間により色が変わったり、周辺でイベントが行われたり賑やかでした。詳しくは、ニュースレター「香港速報」のバックナンバーをご参照ください。(下記URLの画面をクリックすると詳細が出ます) http://partnernet.hktb.com/japan/jp/industry_news/e_newsletters/index.html?id=556

 また、テーマパーク(オーシャンパーク、香港ディズニーランド)、 観光アトラクション(ゴンピン360ケーブルカー、ビクトリアピークにあるピークタワー、またビル内にあるマダムタッソー蝋人形館、スカイ100展望デッキなど)では、趣向を凝らしたイベントがあります。

香港の人々は、この時期家族で過ごしていることが多いです。ですから、みんなで買い物にいったり、食事をしたりと思ったより静かで日本とあまり変わらないです。クリスマス(12/25)の翌日も公休日なので、ゆったり過ごしています。(余談ですが、香港は旧正月の休暇は、日本の年末年始休暇にあたるので、こちらは海外旅行をしたりと移動していることが多いです。)

12月31日深夜から1月1日には、ここ数年カウントダウンが行われています。(今年も行う予定ですが、詳細は未定です)

昨年の例ですと、ビクトリアハーバーに花火があがり、メインとなった香港コンベンションセンター&エキジビションセンターから発火花火も上がりました。ベストビューポイントは、尖沙咀のウォーターフロントプロムナードから香港島をみる方法ですが、多くの人でかなり混雑します。また、カウントダウンの数時間前より交通規制がかかるので、車での移動(ツアーのバスやタクシー)には注意が必要です。
昨年から今年のカウントダウンの様子



 

最近流行しているもの(香港)

テーマ: 地域情報(海外)
2014年11月14日|

香港では、PMQ(Police Married Quarters)がホットスポット。
元は既婚の警察官宿舎だったところですが、2014年4月からアート発信地、セレクトショップとして生まれ変わりました。

hongkong 20141112 02PMQ

ビルそのものは重要文化財指定建造物という点もユニークです。(建物は1951年に建築されてたものなのでそれほど古さはありませんが、この場所は1889年に香港初の中学校で孫文も通った中央書院(The Government Central School、1862年に開校、現在は皇仁書院/Queen's Collegeの名で銅鑼湾に存在)が移設され場所としても有名で香港教育発展の場所と位置付けています。)

http://www.pmq.org.hk/the-site/our-concept/

hongkong 20141112 03PMQ11

店舗の一例ですが、「mall852.com」では、香港らしい、気軽に購入できるお土産があります。(写真にあるのは、線香の形をしたチョコレートや、お札型のクッキーです。)
このPMQでは大型イベントに合わせてプロジェクションマッピングを行っています。これからは、12月の香港ウインターフェスタや、2月の旧正月時期など。

香港に旅行にいらしたらぜひ立ち寄ってみて下さい。

【3Dライトショー】
・日程
2014年12月17日-29日(香港ウィンター・フェスタ)
2015年2月14日-3月5日(2月19日を除く)(旧正月)
・時間
20:30、21:00、21:30、22,00(各回約15分)
・場所
チムサアチョイ、香港文化センター前広場

 

ウルポ・ヘイアウから(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2014年11月09日|

ハワイからの発信です?!!

先日ウルポ・ヘイアウに久しぶりに行ってきました。カイルア・タウンからヌウアヌ・パリにもどる途中右手のYMCA敷地一角にある「ウルポヘイアウ Ulupo Heiau」は、プラットフォームのような台形をしている古代ハワイアンの神殿跡。

Hawaii 20141109 Picture1 Ulupo heiau

黒い火山石がたくさん積み上げられた幅180フィート(約54m)、長さ140フィート(約43m)、高さ30フィート(約9m)の巨大な石壁です。

「ウルポ」はハワイ語で「一夜のインスピレーション」、メネフネという小人の妖精が一夜で作ったという伝説に由来するもので、ウルポ・ヘイアウでは、農業の神「ロノ」を祭っていて、泉から流れる小川でいけにえに捧げる豚を洗っていたとか・・・。また神殿跡に通じる小道は「メネフネの小道:Menehune Pathway」といわれていました。この小道から当時は海にまでつながっていたカワイヌイ湿地(下の写真)に続いていました。

Hawaii 20141109 Picture2 kawainui

ところでこれだけ大きな神殿が作れたのは、力のある首長がカイルアにいたからで、1750年代このあたりのカワイヌイ湿地ではタロ芋の栽培がさかんで、メネフネ養魚池もありました。 
 1880年代になると中国人の移民農民が米を作るために沼地を開墾、家畜も飼われたようです。1900年代には、ヘイアウの上に大きな牧場の柵が作られ、このため神殿の崩壊が早まりました。

現在ヘイアウの周りには万能薬として名高い「ノニ Noni」や、ろうそくになるククイナッツの木、野生のマンゴーが植わっていて、タロイモの田んぼ(下の写真)もボランティアにより作られていました。

Hawaii 20141109 Picture3  taroimo patch

最近はウルポヘイアウからちょっと奥のカワイヌイ湿地の斜面にも、地元ボランティアが水を引いてタロイモを植え復興につとめています。

Hawaii 20141109 Picture4 kawainui slope

今回訪れた時には、そのボランティアの方が一仕事終えた後らしく、沼のところで瞑想にふけっていました。沼から斜面に風が吹いていき、大木の陰にいた私達はとってもさわやかな気持ちになりました。

Hawaii 20141109 Picture5 Kawainui numachi meisou

 

ラニカイ・ハイキングで「これぞハワイ!」な景色を満喫♪(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2014年11月06日|

ラニカイ・ハイキングで「これぞハワイ!」な景色を満喫♪

先日、ラニカイにあるピルボックスへハイキングに行ってきました!

Hawaii 20141106 image1

朝から張り切ってハイキング開始?

Hawaii 20141106 image2

写真を撮ったり、休憩しながら20分ほどかけてゆっくり上を目指します
きれいな景色をずっと眺めながら登れるので、そんなにキツくないですよ
ローカルの方たちとおしゃべりを楽しむのもアリ♪

Hawaii 20141106 image3

ブラブラ歩いていると・・・あらら?あっちにも、こっちにも丸い形の岩
なんだか恐竜のタマゴの化石みたい(笑)
実はこれ、溶岩の固まりなんですって!本当にタマゴみたいで面白い形?

Hawaii 20141106 image4

当日は、爽やかな風が吹いていて最高に気持ちよかった!
さあ、目的地まであとわずか!

Hawaii 20141106 image5

日差しは強いですが、気持ちのよい風が癒してくれます
頂上から見渡すカイルアの街

Hawaii 20141106 image6

そしてラニカイ・ビーチ

Hawaii 20141106 image7

視界いっぱいに広がるエメラルド・グリーンの景色!
これがなによりのご褒美ですよね
本当に最高のハイキング日和でした

Hawaii 20141106 image8

 

スイスから届いたハーブティ

テーマ: 地域情報(海外)
2014年10月31日|

先日、「日本エコツーリズム協会事務局のみなさんに」とスイス在住の方からハーブティを頂きました。
上の赤い箱がローズヒップとハイビスカスが入ったハーブティ、下の黄色い箱がカモミールティ。
どちらも20袋入りで、個包装ではなく、この外箱を開けるとそのままティバッグが入っています。

20141031 01

スイスのツェルマット在住の方に頂いたものですが、以前、ツェルマット近辺には薬草園もあるそうです。
薬草のキャンディ「リコラ」も、よく薬局や外国のお菓子などを扱うお店に置いてあるのを目にします。
これからますます寒くなっていく季節ですし、こういったお茶を積極的に取り入れて、風邪をひかずに過ごしていきたいですね。






 

ハワイはエコーツーリズムの宝庫!! まずはワイメアバレーから(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2014年10月13日|

毎週メルマガ「ちぐさランダム」をハワイから発信して16年になる今岡千草です。
このたび日本エコーツーリズム協会より、ハワイの自然をご紹介する機会をいただき、オアフ島を中心に今後少しずつご紹介していければと思っています。

今回は最近行って楽しかったノースショアのワイメアバレーについて。

Hawaii 20141013 ecotourismwaimeaheiau

ここはハワイの自然・歴史・文化が学べる場所で、駐車場に入るとすぐに見えるのが、ヘイアウという古代ハワイアンの祭壇
1470年代に作られたハレ・オ・ロノ・ヘイアウ(Hale O Lono Heiau)跡はハワイの四神のうちの1つ、収穫/天候/薬や農業の神「ロノ」を祭っています。辺りは神聖な祭壇に入ることが禁じられている「カプ」と呼ばれるタブーの場所で、特にここの石を持ち出すと、たたりで病気になったり、災難にあうと言われており、実際にあった怖い話も語り伝えられています。

ヘイアウのあるこの辺りは、古代よりハワイアンにとって神聖な場所であり、ハワイを統一したカメハメハ大王が、1795年最高司祭ヘヴァヘヴァ(Hewahewa)にこの地を任せたという歴史も残っていて、ハワイ語で聖なる水(acred water)という意味を持つ「ワイメア」と呼ばれてきました。

今では、150エーカーの土地に世界各国の植物が五千種類ほど、たとえばジンジャーやヘリコニア、ハイビスカスなどハワイ種やトロピカルの珍しい植物などが、広い公園に植えられています。2011年ユネスコ世界遺産に登録された小笠原諸島の植物コレクションもあるのです。

Hawaii 20141013 ecotourismwaimeafalls

この公園の目玉は、一番奥にある13.7メートルの落差をもつワイメア滝です。この滝は、乾季には水が少なくがっかりさせられることもありますが、今回は水量も多く滝つぼで多くの人が楽しそうに水遊びをしていました。ライフガードがいて、ライフベストの無料貸し出しもあり、また着替え室も用意され、この滝で遊ぶのがここのアトラクションの1つにもなっています。ただし、野ブタの尿から発生する「レプトスピラ症(Leptospirosis)」のバクテリアがいる可能性もあり、ここで泳ぐのは「自己責任」。この水を飲まないこと、体に切り傷がある場合は入らないこと、目の中に水をいれないことなど十分な注意が必要です。

また珍しい鳥も多く見られますが、毎年1月にワイアラエ・カントリークラブで行われるソニーオープンのロゴマーク「アラエ・ウラ」と呼ばれる絶滅危惧種指定の水鳥に入口の池で遭遇できれば超ラッキー。

Hawaii 20141013 ecotourismhikingcourse

舗装された道を滝まで往復1時間ほど歩く5.6キロの散策コースは、大きな樹木が多く日陰も適度で、車椅子やベビーカーでも行くことができます。有料のシャトルも用意され、英語ですが運転手やオーディオによる歴史や植物の説明もあります。フラやハワイアン文化・クラフト、レイ・メイキングのクラスも広い園内で開催され、素朴で自然密着型の植物公園として、ぜひ立ち寄っていただきたい所です。ただし蚊が多いので蚊対策をお忘れなく。

今岡千草 http://chigusa.imaokas.com/

 

世界遺産、ガラパゴス諸島から(エクアドル)

テーマ: 地域情報(海外)
2014年10月08日|

エクアドルのガラパゴス諸島、「名前は聞いたことある」という方も多いのでは。

今回は、ガラパゴス諸島のサンタ・クルス島から、日常の風景をお届けします。

PelicanBay-01

ガラパゴス諸島で一番大きな町があるサンタ・クルス島の海岸沿いのメインストリートはチャールズ・ダーウィン通りといいます。通りのほぼ中央に漁師の港ペリカン・ベイがあります。

PelicanBay-00

ペリカン・ベイはアカマングローブのブッシュに囲まれていて、ブッシュはペリカンの繁殖地になっています。

PelicanBay-03

漁を終えて港に戻ってくるとペリカン・ベイは漁師の直営する魚市場に早替わりします。魚をさばき始めるとお客さんよりも先に集まるのが隣のブッシュに棲むペリカンたちです。

PelicanBay-04

ペリカンに負けまいとガラパゴス・アシカも参戦、すきあれば獲物にありつきたいと魚を狙っています。

PelicanBay-07

これはビックリ!IUCNのレッドリストで絶滅危惧種に登録されているイワカモメ(ヨウガンカモメ)まで市場に現れました。数の少ない固有種が自然に目の前に見られるガラパゴスは、恐らく人間も共存している動物仲間なのでしょう。

PelicanBay-08

ダーウィン通りにはウミイグアナがのんびりと日向ぼっこをしています。ガラパゴスで暮らしている人々にも動物たちは共存している仲間です。自然と社会がバランスよく存在しているガラパゴス諸島の魅力は現地に滞在して初めて実感ができます。

文責:株式会社アートツアー 波形克則 
★ガラパゴスを楽しんできてください! http://www.galapagos.co.jp/




 
«最初1112最後»

12 / 12 ページ
ページトップへ