カレンダー

<< 2018年9月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

百段階段 

テーマ:エコツアー体験記
2018年09月19日| 辻野 啓一

 

百段階段 

 

途中の各部屋で繰り広げられる灯りの工夫は

 

驚きの連続、至福の極み

                    

                                                              =====東京都目黒=====

 

1935年 昭和10年に建てられた目黒雅叙園の百段階段。

 

欅のどっしりした階段。

 

天井には数々の名画。

 

途中にある7つ部屋を利用して和の灯りを楽しむ

 

「和の灯り×百段階段2018を見てきた。

 

01

 

02

 

入り口で迎えてくれる二つオブジェ。

 

03

 

いよいよ階段上りが始まる

 

05

 

08

 

窓ガラスのサン、脇に伸びた階段にも時代の重さをずっしり感じる。

 

04

 

06

 

07

 

部屋の天井や壁には名画が書かれている。ついつい溜息が出る。

 

09

 

各部屋が施行を凝らした造りになっていて、各部屋へ入るたびに驚きの

 

おどよめきが伝わってくる。

 

10

 

11

 

13

 

暗がりに浮かぶねぶた像

 

三枚目の写真に写っている壁の絵を見てほしい。

 

ねぶた像とその部屋の絵の組み合わせが見事だ。

 

14

15

 

不思議なガラスのオブジェ。真ん中に収まる妖花は何になんだろうか?

 

月下美人にも見える。魔女の花と呼ばれベラドンナはこういう形状の花か?

 

18

 

19

 

次の部屋は動物の群れ。

 

17

 

部屋の真ん中にも動物が飾られている

 

何故かテネシー・ウィリアムズの「ガラスの動物園」という名を思い出した

 

21

 

銀杏を飾った灯り

 

22

 

25

 

ちょっと驚いた釣り鐘のような顔、顔、顔

 

24

 

何と説明してよいか分からない作品。

 

26

 

沢山の風鈴

 

27

 

28

 

29

 

30

 

最後の部屋には長く繋がった生け花。

 

最後の部屋の掉尾を飾るにふさわしい堂々たるいでたちだ。

 

31

 

おまけエレベーターの壁の唐獅子

 

もともとある宝を活用して新しい魅力を加えた今回の企画は

 

多くの人に支持された。

 

来年はどんなテーマで味付けするかの知恵比べが楽しみだ。

 

 

 

事務局長 辻野

 

 

 

 

 



ガラパゴス諸島(南米エクアドル)への仕事旅

テーマ:エコツアー体験記
2018年09月14日| Administrator

 

8月中旬から2週間、14年ぶりに仕事でガラパゴス諸島に行ってきました!

 

今回はガラパゴス諸島の旅のスタイルの定番ともいえるクルーズ船で島を巡るのではなく、

 

サンタクルス島、イサベラ島、そしてサンクリストバル島と人が住んでいる島に滞在しながら、

 

その島の間を高速艇ボートでポップコーン状態になりながら巡ってきました、笑。

 

ちなみにガラパゴス諸島で居住区がある島は4島で、フロレアーナ島にも村があります。

 

さて、今回の旅を通じてふと思ったこと、それは、、、

 

「ガラパゴス諸島の人が住んでいるどこの島を訪れても、

 

人と自然の距離感が相変わらず近い場所だったな」と。

 

サンタクルス島では、海沿いの島のメインストリートを散歩しているとウミイグアナやペリカン、

 

ダーウィンフィンチやマネシツグミにお会いし、標高が少し高いハイランド地区の農園の中を歩けば、

 

家畜の牛と一緒にそこら中で草を食べたり昼寝をしているガラパゴスゾウガメくんたちを見かけ、

 

イサベラ島では小さなボートから横を見ると、岩の上で寝転がるペンギンくんや楽しそうに海を泳ぐ

 

ウミイグアナ、ウミガメ、ホワイトチップシャークくんに出会い、最後に訪れたガラパゴス諸島の

 

州都ことサンクリストバル島では、アシカくん達がゴロゴロしている横を観光客が歩き、

 

島民が普通に生活を営んでいる、というガラパゴス諸島の日常風景がありました。

 

 

1978年に世界自然遺産第一号に登録され、エコツーリズムの先進地例として様々な取り組みを

 

してきたガラパゴス諸島。

 

2007年には危機遺産に登録されるも、その後解除に。

 

自然の保全とその持続的な活用を巡り様々な利害関係者がぶつかり合いながら築き上げてきた

 

ガラパゴス諸島のエコツーリズム。

 

そんなガラパゴス諸島を14年ぶりに訪れて、14年前と変わらない島の日常の景色を眺めながら、

 

日常の中にある積み重なる時間の層を感じた旅でした。

 

それにしても、今回はチビからデカまでウミイグアナがそこらじゅうにたくさんいたな、笑。

 

(事務局・赤間)

 

01

 

サンタクルス島、ハイランド地区の農園

 

02

 

サウスプラザ島のイグアナ

 

03

 

サンタクルス島の道端で日光浴するウミイグアナの大群

 

04

 

サンタクルス島からイサベラ島に向かう高速艇ボート

 

05

 

イサベラ島のウミイグアナ

 

06

 

イサベラ島で泳ぐウミイグアナ

 

07

 

イサベラ島の遊歩道のワッサワッサいるウミイグアナ

 

08

 

イサベラ島の遊歩道の途中で見かけたフラミンゴ

 

09

 

イサベラ島のパン屋さん

 

10

 

イサベラ島、溶岩トンネルとサボテン

 

11

 

サンタクルス島の市場でお昼寝中のアシカ

 

12

 

サンクリストバル島のビーチでくつろぐアシカ

 

13

 

サンクリストバル島の夕暮れ時

 

14

 

15

 

ガラパゴス諸島のクラフトビール(ラベルがオシャレね)

 

ガラパゴス基本情報(日本ガラパゴス友の会)

http://www.j-galapagos.org/galapagos/galapagos_base.html

 

 

ガラパゴスに行って見たい!(アートツアー)

http://www.galapagos.jp/?page_id=4983

 

 

 

 


人材養成講習会 次回の予告

テーマ:人材養成講習会 次回の予告
2018年09月13日| Administrator

現在募集中の講習会

 

①エコツーリズムガイド講習会in 富士見町(長野県)

②ヘルスツーリズムの視点を活用した自然体験プログラム実践研修会

 


エコツーリズムガイド講習会in 富士見町(長野県)

 

参加者募集中!

 

八ヶ岳と南アルプスの山麓に挟まれた富士見町では、恵まれた自然環境をお客様に伝える

エコツーリズムガイドを養成することになりました。一緒にフィールドで活動しませんか?

講習会の対象は、既にガイドとしての経験を有する方や、エコツーリズムガイドとしての活動に

興味、関心のある18歳以上の方が対象です。奮ってご参加ください!

 

募集締切 10月10日(水) 必着  

3日間の受講(日本エコツーリズム協会からの修了証授与)と、秋から冬に実施されるモニターツアーに

参加頂きますと、「富士見町エコツーリズムガイド証」を発行します。

 

西岳コース

 

【開催日時】

10月27日(土)~10月29日(月)

27日(土)開会13時

29日(月)解散13時予定

 

【会場】

富士見町民センター2階  大会議室

住所:長野県諏訪郡富士見町落合10039-4

 

【講習会カリキュラム】

エコツーリズム論、エコツアーの市場と商品化、環境保全の考え方と仕組み

ガイド技術、コミュニケーション・ワークショップ、自然解説の組立、解説の方法・ワークショップ

プログラムの企画立案、リスクマネジメント、関わる法律・規律等、エコツーリズムの実際(トークセッション)

 

【講師陣(予定)】

安類智仁 氏   NPO法人片品・山と森の学校 副代表)         【群馬県・尾瀬】

松本 毅 氏  (有)屋久島野外活動総合センター 代表   【鹿児島県・屋久島】

山田桂一氏     JTIC.SWISS 代表                             【スイス・ツェルマット】

横山昌太郎氏  無双地図株式会社ガイド農学博士       【香川県】

 

【対象】

講習会の対象は、既にガイドとしての経験を有する方や、

エコツーリズムガイドとしての活動に興味、関心のある18歳以上の方を対象。

 

【定員】

30名

応募者多数の場合は地元および近隣地域の方を優先させていただきますので、

ご了承ください。

 

【参加費】

無料(講習代、テキスト代等)

但し、2日目の昼食は各自お弁当をご持参ください。お弁当のご注文も承ります(1,000円以内)。

1日目の交流会に参加される方は、4,000円程度 (場所:会場付近の飲食店等)

 

【宿泊】

富士見町(長野県)近郊にお住まいの方は、ご自宅からも通っていただけます。

宿泊を希望される方は、ご自身でご手配ください。

 

【お申込・問合せ】

申込用紙に必要事項を記入し、NPO法人日本エコツーリズム協会宛に以下の方法でお送りください。

後日、事前資料等をお送りいたします。

 

・メール:ecojapan@alles.ro.jp

・FAX:03-5437-3081

・郵送:〒141-0021東京都品川区上大崎2-24-9アイケイビル3F

※電話による申込みは不可

 

【募集チラシ・申込書】

「募集チラシ」、「申込書」は、以下からダウンロードしてください。

「募集チラシ」

「申込書」

 

【締切】10月10日(金)必着

 

【主催】

富士見町産業課

電話:0266-62-9342 E-mail:kankou@town.fujimi.lg.jp

  

 


ヘルスツーリズムの視点を活用した

自然体験プログラム実践研修会(青森県)

 

健康と癒し効果を伝えるためのプログラムの企画立案方法を実地を含めて学びます。

ぜひご参加ください!

 01

募集締切 9月26日(水)必着

対象は、十和田八甲田地域でガイド業に従事されている方で全ての日程に出席できる方。

昨年度開催した同名称の研修会を受講された方を中心としていますが、

未受講の方にもご参加いただけます。十和田八甲田地域以外の方、全ての日程に出席できない方で

受講希望の方は、お問い合わせください。

 

【開催日時と内容】

◆第1回研修会

10月10日(水)受付9:30~15時予定

・前年度研修の振り返り、ヘルスツーリズム認証制度について、

プログラム企画立案のためのマーケティング基礎、プログラムの企画立案ワークショップ

◆第2研修会

10月30日(火)午後

・作成されたプログラムの実地研修

◆第3研修会

10月31日(水)開場9:45~12時半頃解散予定

・実地研修の振り返り、改善プログラム案の作成

 

【会場】

奥入瀬渓流館(第1回、3回共通)

十和田市大字奥瀬字栃久保183

 

【講師陣(予定)】

高橋伸佳氏NPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構事務局長

木下藤寿氏NPO法人熊野で健康ラボ代表理事【和歌山県】

【定員】

20名

 

【参加費】

無料(講習代、テキスト代等)

(会場までの交通費、食費、宿泊費等は参加者負担)

 

【お申込・問合せ】

申込書に必要事項を記入し、青森県環境生活部自然保護課宛に、

メール、FAX又は郵送してください。(電話による受付は不可)

・メール:shizen@pref.aomori.lg.jp

・FAX:03-5437-3081

 

【募集チラシ・申込書】

以下からダウンロードしてください。

「募集チラシ」

「申込書」

 

【主催】

青森県環境生活部自然保護課

https://www.pref.aomori.lg.jp/nature/nature/health-tourism.html



「嶽(だけ)きみ天」ってなに?

テーマ:エコツアー体験記
2018年09月06日| 辻野 啓一

 

  「嶽(だけ)きみ天」ってなに?

 

===青森====

 

01

 

02

 

04

 

青森で大変人気の「あぶり天丼」の店、「天じゅん」に行ってきた。

 

まずは普通の天丼がだされる。

 

4-1

 

05

 

大将にお願いするとバーナーでてんぷらをあぶってくれる

 

06

 

かすかに焦げ目のついたてんぷらは香ばしく美味だ。

 

このビフォー・アフターが楽しい。

 

12

 

品書きの札の中にひときわ、眼を惹く文字が!

 

20

 

「嶽(だけ)きみ丼」????????「一体なんだ?」

 

07

 

正解はともろこしの天ぷらだ。

 

だけは青森言葉でトウモロコシのこと。嶽はトウモロコシの取れた地区。

 

嶽地区は朝晩の寒暖の差が大きく、それがトウモロコシの糖度を増す結果に。

 

マーケットに出回るのがお盆から9月中旬と意外に短い。

 

町の人のこの甘いトウモロコシを待ち望んでいる。

 

青森の季節の風物詩的存在だ。

 

08

 

県庁の生協にも嶽きみの到来を知らせるポスターが。

 

この時期に「青森を訪れた人は幸運だな」と思わせる、

 

まさに「今だけ、このだけ」の食材だ。

 

夜は盛岡に移る。なんといっても冷麺だ。

 

09

 

知人にbest of best 冷麺を聞き、勧められたのが「盛楼閣」。

 

店の中は大変な賑わいだ。

 

11

 

辛みは別盛りにして自分で調整して食べる。

 

 10

 

これまで食べたことのないような美味い麺とほのかに甘いスープに

 

うっとりしながら食べてしまった。

 

また忘れない味が誕生、この経験、この発見が旅の醍醐味だ。

 

 

事務局長 辻野

 

 

 

 


エコツーリズム大賞【募集】

テーマ:イベント
2018年09月05日| Administrator

「第14回エコツーリズム大賞」【募集開始!】


エコツーリズム大賞【トップ右情報】

テーマ:トップ右情報
2018年09月05日| Administrator

第14回エコツーリズム大賞

【募集開始!】


第14回エコツーリズム大賞

テーマ:エコツーリズム大賞
2018年09月05日| Administrator

第14回エコツーリズム大賞 募集のお知らせ  

 

締切:2018年11月16日(金)まで

2004年から続く「エコツーリズム大賞」、今年も募集が始まりました!

 01.jpg

 環境省と日本エコツーリズム協会による「エコツーリズム大賞」、今年で第14回目を迎えます。

この表彰制度は、日本各地でエコツーリズムに取り組む事業者や団体などを対象としています。
また地域の環境保全活動や地域振興活動に携わっている個人の方々も受賞をしています。

受賞者には環境大臣賞と副賞が授与され、活動を紹介する機会が広がると期待されます。
各地でエコツアーを行っている、自然に親しむ活動をしているなどの皆様からのご応募、お待ちしています!



【趣旨】
エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組を表彰し、広く紹介するもので、

全国のエコツーリズムに関連する活動の質的・量的向上及び、情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図

ることを目的としています。

【応募対象】
エコツーリズムに継続的に取り組んでいる事業者、団体、自治体などを対象とします。
(例:ツアー事業者、宿泊事業者、交通事業者、旅行会社、コンサルタント、協議会、教育機関、学生団体、

地方公共団体など)

<事業者等の個人>
 1.エコツアー事業者 2.企業 3.NPO法人 4.その他
<協議会等の団体>
 1.協議会 2.地域団体 3.学校 4.自治体 5.その他

【応募資格
(1)経験年数、法人格の有無、種類は問いません。
(2)自薦、他薦の別を問いません。(※但し、エコツーリズム特別継続賞は他薦のみ)
(3)過去の優秀賞・特別賞受賞者も応募可能です。

(4)受賞から5年以上経過している大賞受賞者も応募可能(他薦のみ)。

【審査方法】
次に定める審査基準により、別に設ける「エコツーリズム大賞審査委員会」が、以下の賞について審査を行います。

『エコツーリズム大賞』(環境大臣賞)・・・総合的に優れた取組に対して1件。
『優秀賞』(環境大臣賞)・・・エコツーリズム大賞に準じて総合的に優れている若しくはリーディング的な取組に対して数件。
『特別賞』(環境大臣賞)・・・特定分野での革新的・先進的な奨励すべき取組に対して数件。  
『特別継続賞』(環境大臣賞)・・・エコツーリズム大賞を受賞後5年以上継続して意欲的に活動をしている取組であって、受賞時から更に質的向上が認められる取組に対して数件。※他薦のみ

【審査基準】
エコツーリズムに関わる取組の実績を有し、その推進に貢献している事業者、団体、自治体などに対し、次の観点から審査を行います。
(1)地域の体験又は情報が良質に提供されているか。
(2)地域資源の保全と持続的利用に向けた取組がなされているか。
(3)地域の振興や活性化に貢献しているか。

【審査結果の公表および表彰】
審査結果は、環境省及びNPO法人日本エコツーリズム協会のホームページ上で公表します。
表彰状及び、大賞、優秀賞、特別賞受賞者には副賞(大賞10万円、優秀賞5万円、特別賞3万円 相当の商品券)を授与します。
(副賞については、NPO法人日本エコツーリズム協会から授与)
※大賞受賞者には個別取材を実施し、HPにて特集ページを作成します。

【応募方法】
下記より応募用紙をダウンロード、所定の箇所にご記入他をいただきご応募ください。
>>応募用紙(エクセルファイル)<<

■募集パンフレット(pdfファイル)
14th award all

下記の取組分野はなるべく全てご記入ください

エコツーリズムの取組分野 (評価の対象となる取組) 
A.ガイダンス(解説)の手法 必須
■地域の体験又は情報が良質に提供されているか
・エンターティメント(楽しさ)やホスピタリティ(おもてなし)の工夫
・地域の自然や文化歴史を正しく理解し、利用者に分かりやすく提供
・エコツアーにおける安全管理手法の確立
など

B.環境保全の取組 必須
■地域資源の保全と持続的利用に向けた取組がなされているか
・環境保全の為のルールの作成、調査研究活動及び持続的なモニタリングの実施、順応的な管理の実践

・環境保全への収益還元システムの確立

・自然再生の為の体験活動など自然生態系の保全を重視したエコツアーの実施

・環境に配慮した宿泊施設や交通機関の運営(環境負荷の軽減)

など

C.地域活性化の取組 必須
■地域の振興や活性化に貢献しているか
・農林水産業等の地場産業体験や地産地消などの取組と連携したエコツアーの実践
・地域への収益還元や地元雇用など地域振興に結びつける仕組みづくり
・地域が主体となる仕組みづくりや、地域の自信や誇りづくり
など

D.その他の取組
・エコツーリズムの担い手育成 (地域のエコツーリズムの定着・理解促進を先導)
・教育機関等との連携 (子どもグループも対象)
・エコツーリズム発展の為の推進団体の設立・運営 (持続的かつ計画性をもった取組)
・外国人旅行者の受入体制づくり(インバウンド対策)
など

エコツーリズムの趣旨に沿った多様な取組を募集しています。
※ エコツーリズムの取組分野の事例については、「エコツーリズム基本方針」も参考にして下さい。
(参考)環境省HP http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/basic_policy.html

■締切: 平成30年11月16日(金)必着 

■提出先およびお問合せ:
NPO法人日本エコツーリズム協会 エコツーリズム大賞審査委員会事務局
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
TEL:03-5437-3088  FAX:03-5437-3081
e-mail:  ecojapan@alles.or.jp

※応募資料(提出物)は、原則として返却しません。

ご応募、お待ちしています!! 

前回(第13回)、大賞を受賞した青森県の「白神マタギ舎」様からのメッセージ

■受賞したことで、こんな変化が

エコツーリズム大賞という名誉ある賞を受賞したことで、メディアなどにも取り上げられ、
全国に青森の小さなガイド団体の活動が広く伝えられました。
報道をご覧になられた関係者の方々や、お客様からも祝福の言葉を頂戴しました。
授賞式では、全国のエコツアーに関わる他の受賞者の方々などとのつながりができ、良い情報交換の場にもなりました。
また、観光事業者様向けのセミナー等に参加する機会もいただき、今後の活動が広がりそうです。

 


【情報提供について】
エコツーリズム大賞にふさわしい取組をしている事業者、団体、自治体をご存じの方からの情報提供も受け付けています。
今までにないユニークな取組などを、事務局までメールにてお知らせください。
事務局から取組主体先に連絡し、応募依頼をさせていただきます。
情報提供先メールアドレス:エコツーリズム大賞審査委員会事務局 e-mail: ecojapan@alles.or.jp

【情報提供メール記入内容】
・取組の名称 (ツアー名など)
・取組主体の名称
・取組主体の公式サイトURLなど
・取組主体の連絡先電話番号やメールアドレス
・推薦理由
・情報提供いただいた方のお名前、ご連絡先電話番号

 

ご連絡、お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 


エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」第36回募集開始!

テーマ:エコツアー情報
2018年09月05日| Administrator

 

日本エコツーリズム協会によるエコツアー推奨制度「グッドエコツアー」の第36回募集が開始されました!

グッドエコツアーは、エコツーリズムの考え方に基づく一定の基準をクリアしたツアー商品を、日本エコツーリズム協会が『おすすめエコツアー』として推奨する仕組みです。


推奨ツアー一覧 http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/get/tourlist

GET hidaosaka 220180906

溶岩台地の森でのんびりハイキングツアーの様子(NPO法人飛騨小坂200滝)


推奨されると雑誌や新聞、ラジオ等の取材で優先的に紹介がされます。
また各種環境・観光関連イベントに日本エコツーリズム協会が出展した際、『おすすめエコツアー』として紹介します。

応募対象は下記のすべての項目に該当するツアー。

1)自然や文化を紹介するガイドが同行する。
2)国内を訪問先とする。
3)消費者が継続して同内容のツアーに参加できる(シリーズ も可)。
4)有料で提供されている。

 

推奨されるとこのロゴマークが使用できます。
toplogo3

応募用紙等は下記からダウンロード可能です。
エコツアー事業者様からのご応募をお待ちしています。
http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/get/how2get/
※2018年10月31日締切り

 

 


ページトップへ