カレンダー

<< 2017年3月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

白川郷の茅葺き屋根のふきかえボランティアに参加しました!

テーマ: 地域情報(国内)
2016年11月02日| Administrator

白川郷の茅葺き屋根のふきかえボランティアに参加しました!

 

1

日本ナショナルトラストさんが所有する、

合掌造りの屋根をふきかえる作業をお手伝いするというもので、

去年や一昨年も開催されており、前々から行ってみたいなーと思っていました。

当日はあいにくの雨でしたが、ボランティアが50人、地元の方が90人、

地元小中学生が20人という人が集まりました。

私のようなボランティアは、東京や神奈川、三重、

周辺地域の高山や隣りの村の方など、色々なところから参加されていました。

参加費は、トラストの会員は1500円、

一般は3千円で、お昼ご飯と、直会(打ち上げ)つきです。

トラストの方の運営のご苦労を考えると安いなあと思います。

 

この日、ふきかえをするのは23年前にふいた屋根。

私たちが始める時には、すでに古いカヤは落とされ、

三分の一くらい新しいカヤでふかれていました。

残りを私たちボランティアと一緒にやりましょうという形です。

本当はボランティアが入らなくてもふけるのですが、

トラストさんがイベントとして一般の方も参加できるようにしてくれているのです。

なかなかこのような機会は無いので、とても貴重な体験だと思います。

だからこそ全国から50人もの人が集まるのでしょうね。

 

 2

小雨の中、朝の7時半に集合し、受付でヘルメットを受け取り、

今日の作業の流れや、合掌造りの意味などの話を聞きました。

昔、養蚕業が盛んだった頃に、このような合掌造りの形になったそうです。

屋根裏で蚕をたくさん飼えるように、天井を高くし、

二層三層と蚕棚を置くために、屋根に急な傾斜ができたそうです。

雪のためかと思ったら、そうではないんですね。

また、今は囲炉裏をつかって煮炊きなどをしないので、

20~30年でふきかえが必要ですが、

囲炉裏が使われていたころは50~60年くらい保ったそうです。

 

3 バトンリレーのためにならぶボランティアと小中学生

さて作業では、地元の方は屋根の上に登り、

ボランティアと小中学生は、カヤの束を運ぶことをお手伝いしました。

車が入れる道路から、ふきかえ作業の場所まで、バトンリレーのようにカヤを運びます。

カヤの束は、ひとつ10kgくらいあり、けっこう重かったです。

普段ほとんど使わない筋肉をつかい、腕が筋肉痛になりました。

 

6

カヤの束をどんどん屋根に上げていき、重ねて、

隙間の無いように並べていきます。ある程度かさねたら、

細い木をカヤの上に横一線に置き、糸針のでっかい版みたいな針を使って、

屋根の内側の骨組みの木と、外側の木とを、カヤをはさむようにワラひもで結びつけます。

これによってカヤが固定されるのです。

これを全部で14~15段くりかえすと屋根全体がカヤで覆われるわけです。

 

このカヤは御殿場の原っぱのカヤを購入してるのだそうです。

白川郷には約100軒ほどの合掌造りがありますが、

その全てを周辺でまかなうことはできないそうです。

 

よくある質問で、一棟の合掌造りをふきかえるのに、

いくらかかるのか?というのがあります。

答えは約1000万円。

こんな金額を個人で負担していけるわけないですよね。

全てを結で行っていた時とは違い、カヤの束を購入し、

ふきかえを職人さんの業者に頼むと、このくらいかかるのだそうです。

でも白川郷は世界遺産に登録されているので、

国などからの補助があり、9割まで支援してくれるのです。

これなら安心ですね。

 

今では屋根のふきかえは業者に頼むという形になり、

結で行うことはほとんど無いそうです。

でもそれでは淋しいので、今回のように

年に一回くらいは結で行うようにしているそうです。

 

5

最後にボランティア全員、屋根に登らせていただき、

記念撮影をしました。足場はほんの幅20cm程度の角材で、

傾斜のきつさと、足場の不安定さに、けっこう怖かったです。

作業中は、地元のみなさんは和気あいあいと

冗談を交えながら作業をされていたのがおどろきです。

 

日本ナショナルトラストでは、カヤ刈り作業を行うボランティアも実施しています。

詳細はHPをご覧ください。

 

財団法人日本ナショナルトラスト

http://www.national-trust.or.jp/

 

日本エコツーリズム協会

執筆:高野千鶴

 

みちのく潮風トレイル 第三弾 今度は真ん中 碁石海岸

テーマ: 地域情報(国内)
2016年11月01日| Administrator

みちのく潮風トレイル 第三弾

今度は真ん中 碁石海岸

みちのく潮風トレイルを歩くJATA(日本旅行業協会)の企画に参加。

今年で三回目。一昨年は一番北の種差海岸、昨年は南の相馬市、

そして今年は真ん中の碁石海岸。

まずは大船渡でリンゴ園

 

 01

たわわに実ったリンゴ

02

一本の木にこんなにたくさんのリンゴに驚き。

この実りを見られただけでも、このツアーに参加してよかったと思った。

 

03

子供たちがリンゴの表面にシール貼って楽しむ。

シールをはがすと模様が白く残って楽しい

 

04

地元、バンザイファクトリーの社長高橋和良さんの楽しい話を

聞いた。

大船渡は藪椿の群生の地。

その椿を活かした椿茶を作り,ノンカロリー、ノンカフェインで健康によいということで人気が出てきた。

05

バンザイファクトリーの工房としての人気商品は、なんと、

孫の3歳を記念して作った器。手形を器の表面に彫り

この出来上がりにおじいちゃんは大満足。

3歳の次は5歳、7歳とビジネスチャンスは広がる

 

07

碁石海岸:波に洗われだんだん石が丸くなり、碁石状に。そんな石が多いので碁石海岸と呼ばれた。

 

08

ウミネコがのんびりしている

 

09

奇岩怪石が続き、リアス式海岸の美しさを満喫した。

10

トレイルはこのスピード感がいい

自動車では見逃してしまいそうな草や花を楽しめ、常に新しい発見がある。

執筆:事務局長 辻野

 

「紅葉の旧奥州街道・蓑ケ坂あるき」(岩手県二戸市)

テーマ: エコツアー体験記
2016年10月31日| Administrator

二戸市地域おこし協力隊の高橋様から、エコツアーの体験記をいただきました

 

二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和~神無月の会~)結果報告

「紅葉の旧奥州街道・蓑ケ坂あるき」

 01

10月22日(土)今年度5回目となる二戸の宝を生かしたエコツアー

(岩手にのへ おさんぽ日和~神無月の会~)が行われました。

いにしえの旅人が往来した「旧奥州街道」をハイキング。

今回の地元受け入れ団体は「金田一よりゃせん」のみなさんです。

02

天候にも恵まれ約7キロの道のりも気持ちよく歩くことができました。

05

地元ガイドさんによる分かりやすい説明は歴史的な内容も含めて、

地域の魅力を再確認し、あらたな発見もありとても実りある1日でした。

06

一番の難所である「蓑ケ坂」を登りきったあとは、頂上付近の絶景ポイントでの昼食と

講談のサプライズを披露していただき、リラックスしてゆったりと過ごすことができました。

07

食後はゴールを目指し、林檎の栽培が盛んな金田一エリアならでは、

林檎の木の下を実に傷をつけないよう慎重にくぐり抜けます。

 

たっぷり歩いたあとは金田一温泉で疲れた体をほぐしてから帰路に着きました。

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

「今年も白神の紅葉はすばらしい!」

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月29日| Administrator

白神マタギ舎の小池様から季節のお便りをいただきました!

 

白神山地の紅葉が、今まさに山から下りてきています。

紅葉や黄葉は毎年同じようにきれいな訳ではありません。

その年の夏の暑さと秋の急な冷え込みで鮮やかさが決まるようです。

今年は確かに急に寒くなりました。

 

 01

 津軽ダムの紅葉 1019日現在

ダムの周りはお日さまをたくさん浴びて美しい景色になります。

津軽ダムは今年1016日に竣工式を迎えました。

昭和63年から28年をかけて完成しました。

写真は大川出合いの水質保全2号堰堤です。

左側に見えているのは途中から水没している旧道です。

 

03 

暗門第二の滝紅葉

1023日現在紅葉がピークを迎えていますが

膝まで水に浸かる沢歩きが必要なので

見に来る人はわずかです。

寒い季節の沢歩きは装備と山の経験、知識が

必要になります。

 

04

紅葉の沢歩き

この時期の白神の川は想像するよりずっと冷たいです。

足が冷たくて、痛くなって、感覚がなくなります。

かなりの覚悟で望めば、それに見合う美しい紅葉が

お迎えしてくれます。

 

02

    ブナ林黄葉

 

この黄金色のブナ林の美しさはどう表現したらいいのかわかりません。

春から頑張ったありったけのご褒美に、美しく着飾っているようです。

昔読んだ絵本の世界の中に入りこんだみたいです。

この後まもなく、色のない世界になるなんて信じられないですね。

 

白神マタギ舎
ホームページ:http://matagisha.sakura.ne.jp/

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。

このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。

掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。

e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

本当の幸せとはシンプルで持続可能なこと 映画「Tomorrow -パーマネントライフを探して-」を観て

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月27日| Administrator

シンプルなライフスタイルがお手本のフランスで

110万人が観た大ヒットドキュメンタリー映画

  「Tomorrow -パーマネントライフを探して-」の試写会

 

 

心地よい新鮮な驚き

 

人類は皆このままの生活を続けることはできないと気づき始めている

消費・所有=幸福の価値観は変わりつつあり、また変えなければいけない

 2

あたりまえだと信じていたことは実はあたりまえではなかった

「効率化」のたどりついた先は、本当の意味での「生産性」ではなかったこと

一見非効率に見える無駄を減らす取り組みが、巡り巡って自らに還元されること

 3

でも実は人類にそのための我慢は必要ない

本当の良い生活は、「人々の知恵」と「幸せを見つける目」で実現できる

そんな未来への希望が見えた

 4

どれも「先進的な事例」ではあるけれど、

「持続可能(サステイナブル)」であるということ、

そして「シンプル」であるということ

「世界を変えよう」と気負わずに、それぞれができることから始めること

 5

「農業」「エネルギー」「経済」「民主主義」「教育」の5つの課題に、

人々はどう向き合って成功を手にしたのか

みんなが植えた種が果実となるまでを描いた

ロードムービーのようなドキュメンタリー

 1

 

持続可能であること、エコツーリズムのポリシーでもあります

本当の幸せについて見つめなおしてみたい方 是非映画館へ

 

事務局:坪根

6

 12月 渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

公式サイト

http://www.cetera.co.jp/tomorrow

©MOVEMOVIE - FRANCE 2 CINÉMA - MELY PRODUCTIONS

第41回 セザール賞ベストドキュメンタリー賞受賞

監督:シリル・ディオン、メラニー・ロラン『イングロリアス・バスターズ』『オーケストラ!』

出演:シリル・ディオン、メラニー・ロラン、ロブ・ホプキンス、ヴァンダナ・シヴァ、ヤン・ゲールほか

2015年/フランス/120分/シネスコ/カラー/原題:DEMAIN /日本語字幕:丸山垂穂/

協力:ユニフランス・フィルムズ/配給:セテラ・インターナショナル/

 

 

 

「秋冬のエコツアーのご紹介」(埼玉県飯能市)

テーマ: エコツアー情報
2016年10月26日| Administrator

エコツアーのまち飯能市から秋も深まるころのツアーのご紹介です

 

「秋冬のエコツアーのご紹介」(埼玉県飯能市)

 

11月中旬から11月上旬に開催される秋冬のエコツアーをご紹介します。 

Hanno ecotour Autumn Winter 2016 01Hanno ecotour Autumn Winter 2016 02

【画像をクリックで拡大】

 

今回は、山あいの集落がマルシェに大変身する

「お散歩マーケット」

山林の整備をしながら材料を集めて作る

ユガテの森でミニ門松づくり」

など、24ツアーが開催されます。

行楽シーズンの11月、寒さにも負けずに12月、

ぜひ飯能のエコツアーにご参加ください。

お待ちしています。

 

飯能のエコツアー情報はこちらからご覧いただけます。

URLhttp://hanno-eco.com/

 

■問い合わせ先

飯能市役所 観光・エコツーリズム推進課

TEL042-973-2123(平日8301715

FAX042-974-6737

Email このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 

ホノルルの5つの植物園(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2016年10月25日| Administrator

ハワイの今岡様からハワイの植物園の情報をいただきました!

 

ホノルル市には5つの植物園(Botanical Garden)があります。

(1)は有料ですが、それ以外は無料で見ることができます。

 

(1)1850年代にできた14エーカーあるハワイ最古の植物園で、

世界中の熱帯の珍しい樹木が見られるダウンタウンのフォスター(Foster)植物園

(2)1982年にできた400エーカーの広さに世界の熱帯植物が集められ、

洪水のための人工の貯水湖もあるカネオヘのホオマルヒア(Ho‘omaluhia)植物園  

(3)1920年設立され27エーカーにハワイの野生植物や、

湿ってちょっと涼しい環境を好む熱帯植物を中心に植えられたワヒアワ(Wahiawa)植物園

(4)1958年設立 200エーカーのうちまだ60エーカーしか造園されていないが、

暑く乾燥した気候を好むサボテン、プルメリアやブーゲンビリアなどが中心の

ハワイカイのココクレーター(Koko Crater)植物園

 

そして最後がヌアヌ(Nu‘uanu ヌウアヌ)にある、7.5エーカーの一番小さい植物園。

1

薄暗く、涼しく、湿っていて、木が生い茂る場所、横は日本総領事館とクアキニ病院間にあり、

縦はクアキニ通りからスクールストリートまでという細長い形をした

「リリウオカラニ植物園 Lili‘uokalani Botanical Garden」で、

本日はこの小さな公園についてご案内します。

 

1893年に終焉したハワイ王朝最後の君主、

イオラニ宮殿に幽閉され、名曲「アロハ・オエ」の作詞作曲をしたといわれる、

かの有名なリリウオカラニ女王が所有した地で、

当時女王はここでよくピクニックをしたとか・・・、

後年彼女の遺志によってホノルル市に寄贈されました。

 

樹木に覆われた広場を見ていると、ここで、リリウオカラニ女王がピクニックを楽しんだのもうなずけます。

今でも隣接のクアキニ病院スタッフが、ユニフォーム姿でランチタイムでもないのに休息してたり・・・

ハワイ固有の植物展示に力を入れ、大変高価な家具になるコアの木や、

5

ろうそくの木ともいわれ、実はレイになるククイの木などが植えられたり、

植樹した植物名をプレートもしてみんなが分かるようにしてくれ、将来を楽しみにしていたのですが、

最近訪れたら、予算がないのか、余り進んでいないような、ちょっと後退したような、

さびれた感も出ていて・・さみしい感じがしました。

2

(ハワイアン・コットン)

 

公園内にはヌアヌ(ヌウアヌ)川が流れ、水鳥が遊んでいたり

6

ちょっと歩くとワイカハルル(Waikahalulu)の滝の音が聞こえて、小さな魚も採れるという。

3

(ワイカハルウ滝)

4

(ヌウアヌ川)

ホノルル市内の喧騒をさえぎり、よけい静寂な森を印象付ける場所です。

日本総領事館などに行く機会があったら、ぜひ足を延ばしてみてください。

 

今岡千草 Chigusa Imaoka
ハワイの最新情報WEBちぐさランダム http://chigusa.imaokas.com/
姫庵とアロハ犬のブログ 
http://chigusablog.imaokas.com/

 

トンプソン・オカナガン(カナダ)

テーマ: 地域情報(海外)
2016年10月24日| Administrator

JTBカナダ様よりカナダのオカナガンの情報をいただきました

 

トンプソン・オカナガン

 

先週末、FAM Tour(Thompson Okanagan4日間)に参加しました。

 

北に広がるThompson(トンプソン)は、山や湖に恵まれた本格的なアウトドアの楽しめる自然区、

南のOkanagan(オカナガン)は、肥沃な丘陵地でBC州随一のワインの産地として知られています。

 

日本の皆様にはあまり馴染みのない北のトンプソンを中心に回った今回の旅を

ワイナリーはもちろんのこと、その他、訪れていただきたい場所をご紹介します!

 

■1日目:Kelowna(ケローナ)とVernon(バーノン)

 Myra Canyon(マイラ・キャニオン)

image001

どこまでも見渡せる美しい渓谷のトレイルで、サイクリングを楽しめます。

澄み切った空気が疲れを感じさせません。

 

 image002

野生の熊に遭遇しました。

 

Grizzli Winery(グリズリー・ワイナリー)

image003

 

 

image004

オカナガンには少ないアイスワインの醸造に拘るワイナリー。

試飲時はワインの楽しみ方が十分に伝わる、非常に分かりやすい説明(英語)があります。

  

Davison Orchards (デービソン・オーチャード )

image006

1933年から続く家族経営の果樹園。

 特にりんご栽培が有名で、23種類にもおよぶ6000本のりんごの木があり、

収穫されたりんごをまるごと使ったりんごジュースやアップルパイが有名です。

 image008 

果樹園内の見学ツアーや収穫体験が可能(51日〜1031日間の毎日)

 

 

Planet Bee Honey Farm

蜜蜂と女王蜂の飼育を見学。古代から健康に良いとされる蜂蜜を使った珍しいワインも販売されています。

 

■2日目:Shuswap(シュスワップ)とKamloops(カムループス)

 Recline Ridge Winery(リクライン・リッジ・ワイナリー)

image009

より豊かな生活のためにと生活を一転されたご夫婦が2010年に始めたワイナリーですが、

数年後には賞を受賞されています。日本式建築の試飲ルームは心落ち着く空間です。

 

Monte Creek Ranch Estate Winery(モンテ・クリーク・ランチ・エステート・ワイナリー)

image012

良質で広大な土壌で19品種のワインを醸造するワイナリー。1906年の長い歴史を持ち、数々の賞を受賞しています。

  

BC Wildlife Park(BCワイルドライフ・パーク) 

image015

BC州の野生動物が、何かの理由で傷を追ったり、野生で生きて行けなくなった時、捕獲し、リハビリを通して、

本来の野生に戻すまで保護します。通常の動物園とは異なります。動物の生態学を学ぶ事もでき、教育ツアーにお薦めです。

  

Kamloops Heritage Railway Society

image017

鉄道ファンにはたまらない”2141 Steam Locomotive”が格納庫に収められています。

古き良き時代のヘリテージ列車は、結婚式やパーティの会場として活躍しています。

 

3日目:Wells Gary Park(ウェールズ・グレイ・パーク)

 image018

ウェールズ・グレイ・パークには、断層を作る7つの滝があります。

 Helmcken Falls

落差161mを持つ滝で、カナダで4番目に高い落差を持ちます。大自然に上がる瀑布が美しい!

 image019

Dawson Falls

横に広がる滝も風情があります。

  

4日目:Sun Peaks(サン・ピークス)

 

サン・ピークスは、皆さまも良くご存じのオリンピック金メダリスト(スキー)、ナンシー・グリーン氏が

ウィスラーをモデルに設計したリゾートで、冬には、スキーやスノーボードを楽しむ多くの人で賑わいますが、

夏は比較的閑散としているため、一年を通して誘致できるリゾートを目指して開発が進んでいます。

今後が楽しみなリゾートです。

 image020 

Sun Peaks Sled Dog

冬季間は犬ぞりを楽しめます。

 Sun Peaks Off Road Segway

日本でもお馴染みのセグウェイも体験できます。

セグウェイは、エクセルやブレーキ操作なしに重心移動によってその動きを制御する、優れたインタフェースを持っています。

======================================

JTBI カナダのウェブサイト

現地情報、現地発ツアー、スタッフブログなどはこちらへ

http://www.jtb.ca/JWeb/Index.aspx

======================================

 

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

座敷わらしに会うと幸せになれるんだって (二戸エコツーリズム)

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月21日| Administrator

座敷わらしに会うと幸せになれるんだって

(二戸エコツーリズム)

2-1

いよいよ、座敷わらしで有名な緑風荘へ

7年前に焼失して新築された緑風荘

 

2-2

座敷わらしがよく出るという槐(えんじゅ)の間

床柱が槐という木

座敷わらしに睨まれると金縛りにあった状態になるのは怖いが、

幸せになれるというので、この宿屋に泊まりたい人は後を絶たない。

(今は槐の間には泊まれない)

 

2-3

座敷わらしの亀麿はこんな感じなのだろうか

 

2-4

こんな本も展示されていた。

 

2-5

2-8

緑風荘の裏にある亀麿神社へ

 

2-7

亀麿の絵馬は結構かわいい

最近は緑風荘だけでなく、結構周りにも出没するそうだ。

 

2-9

二戸と言えば五穀米

 

 2-10

肉もうまい。  短角牛と佐助豚

名物の佐助豚のトンカツを食す。がっちりした味わい。

うまし。

執筆:事務局長 辻野

 

 

奥入瀬渓流でコケさんぽ コケにも香りがあるって知ってた?

テーマ: エコツアー体験記
2016年10月20日| Administrator

奥入瀬渓流でコケさんぽ コケにも香りがあるって知ってた?

 

青森県の奥入瀬渓流でコケ観察に参加しました。

コースはコケ散歩ライト、一時間半で3500円のツアーです。

http://www.oiken.org/

 

コケというと京都のお寺でみた苔むしたフサフサとした

じゅうたんのような庭を思いだしますが、

奥入瀬渓流には天然のコケじゅうたんがあるのです。

 

奥入瀬渓流は、十和田湖を起点に太平洋まで流れ出る奥入瀬川のほんの一部分を言います。

十和田湖は火山の噴火によってできたカルデラ湖で、

噴火口にたまった水が湖となり溢れ出て奥入瀬川ができました。

 

1←1

奥入瀬渓流は高低差200メートルのところを

14キロにわたって川が流れている様が美しいと言われています。

確かにゆったりと水が流れていく様子は、

ほかの渓流と言われる川には無い、穏やかさがあり心が癒されるのを感じました。

 

コケ散歩はそんな奥入瀬渓流のほんの一部分でコケを観察するという、

いたってじみーなツアーですが、ルーペを持つと、なんと世界の広がることか!

肉眼では見えなかった小宇宙がそこにはあります。

 

2

これが弾けると胞子が風にのって飛ばされます。

これはルーペをつかってスマホで撮りました。

 

3

割とよく見られるシノブゴケ

 

私が一番感動したのはジャゴケです。

割と見たことあるコケなのですが、ルーペで見ると、

その名の通り、蛇のウロコのような模様なのです。

更に、ジャゴケをこすると、フィトンチッドのような爽やかな香りが!

コケは無味無臭という勝手な印象があったので、びっくりしました。

 を這うようなタイプから、雨水をキャッチしやすいフサフサのタイプまで、

色々な生き残り戦略があり、小さいながらに工夫して一生懸命いきる姿に

偉いなーと感じ入ってしまいました。

 

4

コケ観察だけでなく、コケだまづくりも人気です。

奥入瀬渓流と言えば、渓流を見て終わりという短い時間での滞在が多かったと言いますが、

このようにコケを活かして滞在時間をのばし、新たな楽しみが作られています。

5

写真はタヌキノチャブクロと、コケと白いキノコ。

なんか宮崎駿の世界のようでしょ!

 

高野千鶴

 
«最初12345678910最後»

6 / 75 ページ
ページトップへ