第15回エコツーリズム大賞受賞者一覧

鳥羽エコツーリズム推進協議会
自然を大切に 文化を大切に 観光を楽しむ(三重県鳥羽市)

応募の概要

三重県鳥羽市において、エコツーリズム推進協議会の開催、エコツアーの実施と管理、エコツーリズム関連のイベントやフィールドワーク等の普及啓発活動を開催している。

講評

鳥羽の自然と、海女に代表される伝統文化などの、地域における環境文化の継承と持続的活用を図っている。「循環」と「連携」の仕組みを地域へ取り入れながら、多様な主体との連携強化等の取り組み等、長年に渡って官民一体となってエコツーリズムを推進してきた点が評価された。

受賞の言葉

鳥羽市は伊勢湾の入口に位置し、大小様々な島と入り江が織りなすリアス海岸を有する約1万8千人の小さな市です。鳥羽の海は、栄養塩豊富な内湾水と太平洋の外洋水の混合域で、漁業の生産性が高い好漁場として、古くから漁業が営まれてきました。
中世からは伊勢神宮の宿泊地として多くの人や船が行き来する交通の結節点として栄え、現代では魅力ある観光施設や豊かな海産物を求めて、年間約430万人の観光客が訪れる「漁業と観光のまち」です。
当協議会は2010年に、鳥羽の人々が受け継ぎ、大切にしてきた自然や海女文化に代表される伝統等を継承し、地域資源の持続的な活用を図るため、農林水産業・観光商工関係団体とツアー事業者、行政など多様な主体が集まり設立されました。
「循環と連携」をテーマに、エコツーカフェやフィールドワーク等の開催を通じてエコツーリズムの普及啓発活動や教育機関と連携した人材育成事業等を実施するとともに市全体で推進している「漁業と観光の連携」を現場で支える活動を行っています。近年は鳥羽エコツーリズムを広く普及し、地域課題を解決する目的で、伊勢志摩国立公園エコツーリズム推進協議会の設立から会
員として、これまでの経験をもとに新しく検討する全体構想の基盤の役割を果たしています。
今回のエコツーリズム大賞を受賞したことについて、私たちの活動が評価されたことを嬉しく思うとともに、伊勢志摩
国立公園広域や国内外の他地域とも連携し、次世代のエコツーリズムに発展させていきたいと思います。

組織の沿革

代表者名 :江崎貴久
設 立:2010 年
所属人数 :31 人

連絡先

〒 517-0011 三重県鳥羽市鳥羽3丁目1番 1 号
☎︎ 0599-25-1157(鳥羽市観光課)
メールアドレス:kanko@city.toba.lg.jp
WEB ページ :http://www.city.toba.mie.jp/kanko/eco/
主な活動地域:鳥羽市・伊勢志摩国立公園

あてま森と水辺の教室ポポラ
田んぼで紡ぐ『いきもの』『人』『地域』のにぎわい(新潟県十日町市)

応募の概要

新潟県十日町市において、植林や間伐、放置水田での稲作など、里山の保全と復元の取り組みをプログラムとして提供している。

講評

放棄水田再生活動に紐づくプログラムを毎日実施し、生物多様性保全の普及啓発や持続的な仕組みの輪を広げている。また、併設の宿泊施設との連携により、豪雪地帯特有の自然が育んだ暮らし・食・文化・地場産業等を体験できるツアーを実施し、里山の自然文化体験において多くの実績を産み出している。また、地元酒造とのコラボレーションにより、オリジナルの日本酒を造るなど地場産業との連携を行っている。

組織の沿革

代表者名:荒川茂樹
設 立 年 :2010 年
(前身となるあてま自然学校は1996 年)
所属人数:16 名

連絡先

〒949-8556 新潟県十日町市珠川 当間高原リゾート内
☎ 025-758-4811
メールアドレス:popora@belnatio.com
WEBページ :http://popora.jp/
主な活動地域:新潟県十日町市当間高原

あてま森と水辺の教室ポポラ
田んぼで紡ぐ『いきもの』『人』『地域』のにぎわい(新潟県十日町市)

応募の概要

新潟県十日町市において、植林や間伐、放置水田での稲作など、里山の保全と復元の取り組みをプログラムとして提供している。

講評

放棄水田再生活動に紐づくプログラムを毎日実施し、生物多様性保全の普及啓発や持続的な仕組みの輪を広げている。また、併設の宿泊施設との連携により、豪雪地帯特有の自然が育んだ暮らし・食・文化・地場産業等を体験できるツアーを実施し、里山の自然文化体験において多くの実績を産み出している。また、地元酒造とのコラボレーションにより、オリジナルの日本酒を造るなど地場産業との連携を行っている。

組織の沿革

代表者名:荒川茂樹
設 立 年 :2010 年
(前身となるあてま自然学校は1996 年)
所属人数:16 名

連絡先

〒949-8556 新潟県十日町市珠川 当間高原リゾート内
☎ 025-758-4811
メールアドレス:popora@belnatio.com
WEBページ :http://popora.jp/
主な活動地域:新潟県十日町市当間高原

あてま森と水辺の教室ポポラ
田んぼで紡ぐ『いきもの』『人』『地域』のにぎわい(新潟県十日町市)

応募の概要

新潟県十日町市において、植林や間伐、放置水田での稲作など、里山の保全と復元の取り組みをプログラムとして提供している。

講評

放棄水田再生活動に紐づくプログラムを毎日実施し、生物多様性保全の普及啓発や持続的な仕組みの輪を広げている。また、併設の宿泊施設との連携により、豪雪地帯特有の自然が育んだ暮らし・食・文化・地場産業等を体験できるツアーを実施し、里山の自然文化体験において多くの実績を産み出している。また、地元酒造とのコラボレーションにより、オリジナルの日本酒を造るなど地場産業との連携を行っている。

組織の沿革

代表者名:荒川茂樹
設 立 年 :2010 年
(前身となるあてま自然学校は1996 年)
所属人数:16 名

連絡先

〒949-8556 新潟県十日町市珠川 当間高原リゾート内
☎ 025-758-4811
メールアドレス:popora@belnatio.com
WEBページ :http://popora.jp/
主な活動地域:新潟県十日町市当間高原

あてま森と水辺の教室ポポラ
田んぼで紡ぐ『いきもの』『人』『地域』のにぎわい(新潟県十日町市)

応募の概要

新潟県十日町市において、植林や間伐、放置水田での稲作など、里山の保全と復元の取り組みをプログラムとして提供している。

講評

放棄水田再生活動に紐づくプログラムを毎日実施し、生物多様性保全の普及啓発や持続的な仕組みの輪を広げている。また、併設の宿泊施設との連携により、豪雪地帯特有の自然が育んだ暮らし・食・文化・地場産業等を体験できるツアーを実施し、里山の自然文化体験において多くの実績を産み出している。また、地元酒造とのコラボレーションにより、オリジナルの日本酒を造るなど地場産業との連携を行っている。

組織の沿革

代表者名:荒川茂樹
設 立 年 :2010 年
(前身となるあてま自然学校は1996 年)
所属人数:16 名

連絡先

〒949-8556 新潟県十日町市珠川 当間高原リゾート内
☎ 025-758-4811
メールアドレス:popora@belnatio.com
WEBページ :http://popora.jp/
主な活動地域:新潟県十日町市当間高原

特別非営利活動法人森のこだま
雲海ガイドツアーによる観光地域づくり(北海道津別町)

応募の概要

北海道の津別町において、自然体験の提供、森林施設の管理運営等の事業を行っている。

講評

ノンノの森ネイチャーセンターを中心としたエコツアー、ならびに雲海を資源として活用した優良なツアーを実施し、実績を上げている。地域経済への貢献と環境教育を意識した活動が評価された。

組織の沿革

代表者名:上野真司
設 立:2012 年
所属人数:29 名

連絡先

〒092-0222 北海道網走郡津別町字上里703-1
☎ 0152-77-3344
メールアドレス:info@nonnonomori.com
WEBページ :http://nonnonomori.com/
主な活動地域:北海道網走郡津別町

特別非営利活動法人森のこだま
雲海ガイドツアーによる観光地域づくり(北海道津別町)

応募の概要

北海道の津別町において、自然体験の提供、森林施設の管理運営等の事業を行っている。

講評

ノンノの森ネイチャーセンターを中心としたエコツアー、ならびに雲海を資源として活用した優良なツアーを実施し、実績を上げている。地域経済への貢献と環境教育を意識した活動が評価された。

組織の沿革

代表者名:上野真司
設 立:2012 年
所属人数:29 名

連絡先

〒092-0222 北海道網走郡津別町字上里703-1
☎ 0152-77-3344
メールアドレス:info@nonnonomori.com
WEBページ :http://nonnonomori.com/
主な活動地域:北海道網走郡津別町

特別非営利活動法人森のこだま
雲海ガイドツアーによる観光地域づくり(北海道津別町)

応募の概要

北海道の津別町において、自然体験の提供、森林施設の管理運営等の事業を行っている。

講評

ノンノの森ネイチャーセンターを中心としたエコツアー、ならびに雲海を資源として活用した優良なツアーを実施し、実績を上げている。地域経済への貢献と環境教育を意識した活動が評価された。

組織の沿革

代表者名:上野真司
設 立:2012 年
所属人数:29 名

連絡先

〒092-0222 北海道網走郡津別町字上里703-1
☎ 0152-77-3344
メールアドレス:info@nonnonomori.com
WEBページ :http://nonnonomori.com/
主な活動地域:北海道網走郡津別町

特別非営利活動法人森のこだま
雲海ガイドツアーによる観光地域づくり(北海道津別町)

応募の概要

北海道の津別町において、自然体験の提供、森林施設の管理運営等の事業を行っている。

講評

ノンノの森ネイチャーセンターを中心としたエコツアー、ならびに雲海を資源として活用した優良なツアーを実施し、実績を上げている。地域経済への貢献と環境教育を意識した活動が評価された。

組織の沿革

代表者名:上野真司
設 立:2012 年
所属人数:29 名

連絡先

〒092-0222 北海道網走郡津別町字上里703-1
☎ 0152-77-3344
メールアドレス:info@nonnonomori.com
WEBページ :http://nonnonomori.com/
主な活動地域:北海道網走郡津別町

愛媛ダイビングセンター
有限会社エーデル企画
オレンジベイフーズ株式会社

豊かな自然と歴史文化を未来につなぐ街づくり(愛媛県八幡浜市)

応募の概要

愛媛県八幡浜市を中心に「海底ゴミ海岸漂着物等対策協議会」を立ち上げ、観光ダイビング事業とともにサンゴや藻場の再生と海底清掃等の活動を地域連携で行っている。

講評

地域連携協議会を発足し、海洋海底清掃・モニタリング・関連教育活動を行いながら、南予地域における海洋自然環境と近代産業遺構などの地域固有の資源を関連づけたアクティビティの提供を連携して行っている点が高く評価された。

組織の沿革

代表者名: 中岡 惠司
設 立:2019 年1月(団体設立)
※愛媛ダイビングセンターとしての活動は、2008 年 6 月より
所属人数:30 名

連絡先

〒796-0112 愛媛県八幡浜市保内町須川18-8
愛媛ダイビングセンター 海底ゴミ海岸漂着物等対策協議会 事務局
☎︎ 0894-36-3088
メールアドレス:ehime-dive@me.pikara.ne.jp
WEBページ :http://wwwd.pikara.ne.jp/umigomi-zero/
主な活動地域:愛媛県/南予地域(八幡浜市、西予市、宇和島市)

愛媛ダイビングセンター
有限会社エーデル企画
オレンジベイフーズ株式会社

豊かな自然と歴史文化を未来につなぐ街づくり(愛媛県八幡浜市)

応募の概要

愛媛県八幡浜市を中心に「海底ゴミ海岸漂着物等対策協議会」を立ち上げ、観光ダイビング事業とともにサンゴや藻場の再生と海底清掃等の活動を地域連携で行っている。

講評

地域連携協議会を発足し、海洋海底清掃・モニタリング・関連教育活動を行いながら、南予地域における海洋自然環境と近代産業遺構などの地域固有の資源を関連づけたアクティビティの提供を連携して行っている点が高く評価された。

組織の沿革

代表者名: 中岡 惠司
設 立:2019 年1月(団体設立)
※愛媛ダイビングセンターとしての活動は、2008 年 6 月より
所属人数:30 名

連絡先

〒796-0112 愛媛県八幡浜市保内町須川18-8
愛媛ダイビングセンター 海底ゴミ海岸漂着物等対策協議会 事務局
☎︎ 0894-36-3088
メールアドレス:ehime-dive@me.pikara.ne.jp
WEBページ :http://wwwd.pikara.ne.jp/umigomi-zero/
主な活動地域:愛媛県/南予地域(八幡浜市、西予市、宇和島市)