令和元年度自然資源を活かすエコツーリズム・インタープリテーションの人材育成支援事業の参加地域募集について

環境省 国立公園満喫プロジェクト関連事業
令和元年度 自然資源を活かすエコツーリズム・インタープリテーションの人材育成支援事業の参加地域募集について

主 催:環境省
事務局:(公社)日本環境教育フォーラム /(一社)日本エコツーリズム協会

研修について

 環境省では「国立公園満喫プロジェクト」の一環として、国立公園に限らず全国において自然資源を活用して地域活性化に取り組む地域を対象に、国内外のニーズも踏まえながら、ビジターセンターなどの拠点施設のスタッフや体験プログラム、エコツアーなどを企画・実施する事業者やガイド、コーディネーターなど、地域における持続可能な仕組み構築に向けた、キーマンとなる人材の育成支援を行う事業を2017年度より実施しております。

 本研修には、現場における解説業務(インタープリテーション)のスキルアップをはかり、インタープリテーション全体計画策定の手法も学ぶコース(Aコース)と、エコツーリズムを活かして地域を盛り上げるために、ツアーガイドや地域コーディネーターとしての能力向上を目的としたコース(Bコース)の2コースが設定されています。

 本事業では、地域での継続的で効果的な取り組みとするために、地域全体での取り組みが欠かせないとの考えから、募集の対象は個人ではなく、「地域」を念頭とした複数の関係者からなる「チーム」(2~3名)としております。

詳細は「応募要領」「応募フォーム 「参考資料」をご覧ください。

※弊協会は、 公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)とともに、本事業の事務局を担っています。

実施期間と事業の流れ

 令和元年10月中旬~令和2年3月中旬(集合研修は、11月20日(水)~22日(金)に那須高原で開催します。)

クリックで拡大

 本支援事業は、①応募(②書類選考・研修参加者決定)→③事前アドバイザー派遣(1回目)+④事前自己研修→⑤集合研修(那須高原)→⑧第2回アドバイザー派遣が一体となっています。次年度には「インバウンド対応研修」(集合研修)を東京で実施し、効果が見込まれる地域を対象にフォローアップ・アドバイザー派遣(1回程度)を継続して実施します。

参加費

 無料
(集合研修への参加に必要な旅費等については、参加者の負担となります。 アドバイザーの受入については、一部費用が発生する場合があります。 )
*詳細は「応募要領」4、6頁をご参照ください

応募について

  本事業では、地域での継続的で効果的な取り組みとするために、地域全体での取り組みが欠かせないとの考えから、募集の対象は個人ではなく、「地域」を念頭とした複数の関係者からなる「チーム」(2~3名)としております。 (詳細は「募集要領」1頁の(1)コース設定・募集対象について、をご参照ください)

*応募は各コースとも8チームを上限とし、上限を超えた場合は、応募書類をもとに選考させて頂きます。また、集合研修終了後のアドバイザー派遣先は、集合研修における行動計画(アクションプラン)などをもとに、各コースとも4チームに絞らせていただきます。恐れ入りますが、あらかじめご了承の上ご応募ください。

応募期間

 令和元年9月30日 必着

お問い合わせ先・お申込み先

Aコース 公益社団法人 日本環境教育フォーラム

 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階

 TEL.03-5834-2897 FAX.03-5834-2898(担当:京極)Eメール:kyogoku★jeef.or.jp(★を@に変えてお送りください)

Bコース 一般社団法人 日本エコツーリズム協会

 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F

 TEL.03-5437-3080 FAX.03-5437-3081(担当:坪根)Eメール:tsubone★ecotourism.gr.jp(★を@に変えてお送りください)

環境省報道発表

http://www.env.go.jp/press/107100.html

過去の参加者の声

 Bコース(エコツーリズム)

奥日光(平成30年度参加)
安芸太田町(平成30年度参加)

 Aコース(インタープリテーション・拠点施設)

宮城県南三陸町(平成29年度参加)
秋田県藤里町(平成29年度参加)