全国エコツーリズム学生シンポジウム2020

過去の開催についてはこちら

第12回 全国エコツーリズム学生シンポジウム
一般聴講の応募は締切りました。

テーマ「エコツーリズムのいま・これから」

 新型コロナウイルスの感染拡大は、全国各地の観光業界に大きな打撃を与えています。でも、私たちはエコツーリズムにこそできることがあると考えました。第12回学生シンポジウムは、コロナの時代の今提案できるエコツーリズムの可能性について、全国の学生と一緒に考えたいと思います。シンポジウムは基調講演・研究発表・ワークショップの3部で構成し、 メイン会場(東京都内)からオンラインで世界に発信します。発表者を募集いたしますので、 多くの皆様のご応募をお待ちしております。

基調講演

前半は、知床ネイチャーオフィス代表松田光輝氏から世界自然遺産として知名度も高く多くの観光客が訪れる知床の「いま」についてお話し頂きます。後半は、JTIC..SWISS代表山田桂一郎氏との対談の中で、エコツーリズム、観光の「これから」や持続可能な観光についてお話し頂きます。

松田光輝氏(知床ネイチャーオフィス代表)
NPO法人日本エコツーリズム協会理事。知床斜里町観光協会副会長、環境省エコツーリズム推進アドバイザー。日本野鳥の会、知床財団を経て、会社を設立。研究者の視点とナチュラリストの視点を活かし、自らも自然ガイドとして活躍する。エコツーリズムに関する各種の事業にも専門家やコーディネーターと多方面で活躍中。

山田桂一郎氏(JTIC.SWISS代表)
NPO法人日本エコツーリズム協会理事。観光カリスマ(内閣府・国土交通省・農林水産省認定)、総務省地域力創造アドバイザー、環境省環境カウンセラー、ヨーロッパにおける環境保全とツアー実施経験を生かし、日本国内の観光振興、地域おこし、人材育成及び環境保全に関する講演会やセミナーで多数講演など、多方面で活躍中。

開催概要

【日  時】2020年 12月13日(日)13:30-16:50
【会  場】口頭発表者集合場所:東京会場を予定※オンライン可
      一般参加者:オンライン(詳細はお申込み後別途ご連絡いたします。)    
【参加費】 無料 
【定員】500名
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により変更の可能性があります。

プログラム

13:30 開始
13:40 基調講演
14:50 研究発表、質疑応答
      ワークショップ
16:30 講評
16:50 閉会予定

開催概要

今年のテーマ「エコツーリズムのいま・これから」に関連する研究発表を募集します。
ゼミやサークル、個人研究など論文としてまとまっていなくても結構です。
門戸広く、ユニークな研究をお待ちしています!

研究発表(口頭・ポスターセッション)応募資格

大学・大学院・専門学校等、学生であること。留学生や海外で学んでいる学生の発表も大歓迎です。ゼミやサークル、個人研究などいずれのスタイルでも構いません。

研究発表応募方法 ※募集は終了しました。

エントリーシートをダウンロードし、内容をご記入の上、e-mail(ecojapan@alles.or.jp)またはFAX、郵送にてお申込みください。
NPO法人日本エコツーリズム協会事務局までE-mailまたはFAXにて、氏名・所属・学年・電話・E-mailをご記入の上、お申込ください。
応募締切り 2020年10月30日(金) ※期日に間に合わない場合はご相談ください。

交通費について
口頭発表者に限り国内の実費交通費は主催者が負担します。(上限あり)
※口頭発表部門に応募された方でも、ポスターセッション部門になる可能性がありますので、ご了承ください。
なお、応募件数が多い場合は選考を経て発表者を決定します。

ポスターセッションについて 

今年度は、オンライン配信を予定しています。※例年とは異なりますのでご注意ください。
流れは下記のとおりとなります。
①お申込み後、選考を経て事務局より決定のご連絡を差し上げます。
②作成したポスターを用いた発表動画を撮影していただき、事務局までお送りいただきます。(形式などの詳細は選考後ご連絡いたします。)
③動画配信コンテンツにて配信します。
※シンポジウム当日の発表はありません。

一般聴講の参加申込み(締切りました)・問い合わせ

詳細はお申込み後別途ご連絡いたします。※一般の方も聴講いただけます。
お問合せ先はこちら↓
E-mail:ecojapan@alles.or.jp
Tel:03-5437-3080 Fax:03-5437-3081

主催:第12回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会
協賛:日本航空株式会社